上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.09 効果あり?
病院を変わって1ヶ月。
最初の診察のときにも説明を受けたプラセンタ療法。
そんなもので効果が得られるのかと半信半疑のままでしたが
とうとう5日の診察日に開始しました。

以前よりは良くなったものの、このまま薬を飲み続けても
いい睡眠が取れないことや、ストレス、体の変調が治まらない毎日。
せっかく良くなってきても、ちょっとのストレスで体に異変が表れるのが
辛くなり、ちょうど診察日も調子が悪く、診察時間までソファーに横になってました。
その前の3日間寝込んでたのもあり、プラセンタ療法始めてみようかと・・・
注射してもらうことになりましたが、1アンプル~5アンプルと本数で金額が違い
たいていは2~3アンプルだそうで、私は2アンプルを選択しました。
難点なのが2週間ごとに注射を打たないといけないこと。
プラセンタは最近耳にすることが多くなりましたが、一番耳にするのは美容効果。
だから心療内科でプラセンタって聞いたときは驚きました。

このプラセンタ、実は美肌効果だけではなく、アレルギー・関節リウマチ・肝炎肝硬変
うつ・月経前緊張・更年期障害・腰痛・ひざ・肩こりなどにも効果があるんだそうです。
いいことずくめだと思われますが、落とし穴もあります。
一度でも打つと輸血ができないこと。
あまり良い面ばかりを見ないで、しっかり考えてから治療を受けましょう。
私も考えた末に受けました。
毎日不安に過ごすこと、薬を飲み続けることに対して
ちょっとでも治るのであれば試してみる価値があるかもと。

今日で5日目ですが、なんと打った直後に効果がでました。
あれだけだるくてしょうがなかったのに、体が軽く感じ体の痛みも気にならなく
なったのです。
翌日仕事でしたがストレスも感じず、昨日今日も仕事でしたが
何ともありません。気分もいいです。
洗脳されたから?(笑)
そんなことないだろうけど、確かに不安な気持ちが解消されました。

ただ睡眠は・・・
自分で勝手に薬の量を減らしてしまったことがいけなかったかな?
今日からまた元に戻して様子をみていきたいです。
注射も症状が改善すれば頻度を減らし治療をやめることができますし。
正直こんなに効果があるとは思いませんでしたね。
プラセンタを勧められるのも病院によりけりなので、以前の病院ではなかったです。

ちなみに病院で注射されるのは人の胎盤で
サプリなど市販で売ってるのは、主に豚や羊のものです。



スポンサーサイト
犬から聞いた素敵な話という本を知ってますか?
ずっと前に「犬のえいが」という映画の最後に「ねぇ、まりも」という短編映画がありまして
これが短編ながら号泣しました。
この本も人側、犬側の目線を綴ったお話です。
もう一冊は村上龍さんの55歳からのハローライフ。
これもそれぞれの中年男女の話ですが、読んでみたいと思ったきっかけは
すでにNHKのドラマでも放送になりましたが
この中の1話にペットロスという話があったからです。
私はあえてドラマを見ずに本を選びました。


話はもとに戻りますが、犬から聞いた素敵な話の作者は心理学の勉強の経験があり
人に近い猿や犬に学ぶことが多かったのだそう。
人と共存することの多い犬は、一緒に住むことにより人の行動を観察し情報を得て
視線をたどり、観察していくことで持って生まれた感性で人の感情に同調し
喜怒哀楽を知るんだそうです。
当然だけど、だからといって人のように手を貸してくれるわけではなく
ともに生活し、寄り添ってくれるだけと。
それに飼い主さんが気付き愛犬にどう接するかで愛犬は変わってくるのではないかと
私は思います。
作者さんが取材で心理学として飼い主さんのエピソードを聞いてるうちに
心が揺さぶられる思いだったとか。
そこには人と犬との間に絆が存在すると。

IMG_9414_1.jpg


はなは我が家に来て8年がたちました。
初めての犬だけに躾は厳しくしましたが、いっぱい遊んで散歩もしたね。
何度もブログには書いたけど、私が落ち込んでればそっとそばに来てくれて
わんわんと子供のように泣き出せば、どうしたの?って感じで顔をペロペロと舐めてくれ
ついに発作が起こったときはオロオロとして、夜に発作が起きてパパさんが帰ってきたときは
私を守るかのようにパパさんに吠えまくったね。
3度救急車に運ばれたけど、それから暫くは救急車のサイレンに敏感になって
隣に停まったときは寝てたのに起き上がり私の隣にちょこんと座って
心配そうな顔で私の顔をチラチラ見てたっけ。

IMG_9417_1.jpg


今でも床にゴロンと横たわると、そばにやってくるはな。
それもただゴロンとなるだけのときじゃないです。
何だか調子悪いとき。
土日と寝込んでしまい、今日も仕事だったのですが調子が悪く休んでしまい
今日も寝込んでました。
やっぱりはなはそばにいます。

IMG_9410_1.jpg


相変わらず散歩に連れて行くことも出来ないのに催促もしない。
ご飯の時間だって1時間ほどズレてもそう。
ボール遊びも我がままなそらに譲ってしまうしね。
争いが苦手な優しく人懐っこいはな。
みんなに好かれてるんだよ。知ってた?
病院の院長先生も「はなちゃん♪」って可愛がってくれるし。
でも…痛いことされるから院長先生が苦手なんだよね(笑)
お父さんもはなが大好きなんだよ。
今は会うことがなくなってしまったけど
いつもはなに会うと必ず「なは♪」って声をかけ撫でてくれたしね。うちは子供がいないから、孫を見るかのようにデレデレなんだよ(笑)
言わなくたって知ってるか~

はなに巡り会えて本当に良かった。

IMG_9411_1.jpg


そしてそらはダメ男くんになりそう
ビビリで甘えん坊だも~ん(笑)


で、こちらのお方うみは・・・

IMG_9415_1.jpg


1歳なのに貫禄ありすぎ^^;
2014.07.19 会話
今更ながら会話って大事だな~と感じることが多くなりました。
最近主人の仕事が忙しく会話すらしない日もあります。また昔のように距離感も出てきました。
先週末には酷い蕁麻疹に悩まされ昨日まで仕事も休んでまして、この蕁麻疹もそれなりの理由があって体に出てしまったんだと思います。じつは心療内科を転院しまして、急に薬を減らされたのが体調不良になり、再び病院へ行くことになったのですが、歩くことすら辛くコンビニへ自転車に乗って行くところを近所の人とすれ違い、それが近所の職場の人の耳に入り、自転車に乗れるほど元気だなんて、病院へ行くなんて嘘じゃないかと、職場の友達にかまかけて聞いたらしく、翌日はいつも3時にあがるので片付けのことで同じ仕事してた人と話してただけなのに、「仕事できるならやってって!」と言われ驚きました。3時に帰るのは承知のはず。事情がわかると腹が立ってきて、まだ通院中だし些細なことでも疲れやすく、新たに違う症状で大変なときにそんなふうに思われてるだなんて、さすがに許せない気持ちになり、いけないことだけど、その人を無視するようになってしまいました。
友達と私がツーツーなのはその人もわかってるんです。このことだって私の耳に入るのもわかってるはず。今まではいろんなことを聞いても嫌味を言われても何もなかったかのように振舞ってましたが、今回だけはどうしても許せなかった。2年…今年で3年になります。パートさんのほとんどが鬱だということも知ってます。もちろんその人も承知で、それでも仕事上での嫌がらせがあり耐えてきました。今はその人と仕事をすることはなくなりましたが、それでもこんな思いをするなんてショックでなりません。
今まで何があっても態度にださなかった私が出したためか、その後機嫌をとってきました。だからと言って態度を変えることができません。最低限の言葉は発しますけど…
今月に入ってからちょこちょこあり、それも我慢してきましたが、さすがに体調のことを悪く言われると我慢の限度を超えてしまいました。
友達と一緒の仕事につくこともなくなり、これもその人の差し金のように思えてなりません。
今日は半日仕事してきましたが、久しぶりということもあり、友達も休みだったため帰ってから落ち込みました。
ここのところ毎日のように兄と友達と電話してます。今日なんて2回も友達に電話しちゃいました。何だか考えこんじゃって、辞めたい衝動にかられたんです。
最初にも触れましたが、やっぱり会話をすると不思議と落ち着くんですよ。最初は辞めたい!と思ってたのに、友達もその人のことが嫌いだし、家庭の事情もありで悩んでいて、お互いの気持ちを汲み取ることでもう少し頑張ろうという気持ちになるんです。
理解しあえる友人との会話。久しぶりです。
ちょっと前にあまりに辛かったとき、独身のころ勤めてたときにお世話になったパートさんの顔が浮かび、思わず電話をかけてました。懐かしさと変わらぬ優しさで涙が溢れ、お互いの近況を話して落ち着きました。

職場の友達もお母様のことで悩んでますが、私が会話をして落ち着くことを話すと、やはりお母様も顔を見て話したいんだそう。彼女もお子さんもいて忙しいし、会社のストレスもあってなかなか時間が作れないそうだけど、でも会いに行って話はしたいと言ってます。うん、それはお互いにとっていいことだよ~と偉そうに言いましたが、本当ですよ。
我が家もギスギスして落ち着かないけど、会話は大切です。

2014.07.05 結婚式
今日は三男の結婚式でした。
奥さんのお爺様が敬虔なクリスチャンで、年齢も99歳ということもあり、本格的なクリスチャンウエディング。
身内のみの式でしたが、初めてのクリスチャンウエディングに感動しました。
その後フレンチレストランでの食事も大変美味しくいただきましたよ。

末長くお幸せに♪



ちなみに今日は私の誕生日。なんだか複雑です。




ハッピーバースデー 私。
2014.06.29 揺らぎと決断
オーバーなタイトルとなってしまいましたが、今まで通っていた病院を変わることにしました。
ここ最近自分のことだけではなく、色々なことが降りかかり、久しぶりの発作と以前の酷い睡眠障害に襲われたのです。
たまたまいつもの病院が先生の学会で休みだったので、市内で良さそうなところへ予約を入れました。
先生によって見解の違いはあるのは心得てましたが、2年も通院して軽い鬱ではないことの指摘、その間の薬の変更なども聞かれ、夜に飲むある薬が強いのもどうかと…と。薬が合ってないように感じると言われました。

鬱は長く続く人もいれば、以外と早く回復する人もいます。私も初期の頃に比べれば随分と良くなったほうです。
でも同じ日が毎日続くわけではありません。いい時悪い時の波はくるわけです。
たった今いいとしても5分後にはダメということなんてざらですよ。
私も多少は気持ちのコントロールはできるわけですから、人から見れば治ったも同然と思われるわけ。それは相手に対して常に仏頂面をするわけにはいかないということをコントロールしてるから。

つい先日も義母に、「昨日は元気だったじゃない。なんで急に調子が悪くなったの?」って言われました。それが鬱の症状です。まだ通院してることを忘れてるかのような言葉にがっかりです。

やはり職場の特定の人からの私に対する不満が態度にもでるし、その場で耳に入ることもあれば、友達から聞くこともあります。そこまでしてるのに、昼休憩は何食わぬ顔で喋りかけてくるのですが、会話の中には当然嫌味もまじりますが、そこは「またかよ~」で、さらっと聞き流します。向こうにしてみればしてやったりでしょうがね(笑)
その人は一人では何も出来ないので誰かを引き入れて意地悪するのが定番。その引き入れた人が先々週辞めてしまったので、今は友達を引き入れようとしてますが、そのわりには友達に対して酷いことを言うんだそう。友達もその辺は熟知してるので、表面上合わせてるだけ。

また新たにパートさんがカッター専属に配置されましたが、早速やり込められたようで嫌だわ…ってボヤいてました。失礼ですが、わりと歳のいった方だし、一日しかも毎日一緒に仕事してると色々見えてくるから、その人が休みだとホッとするんだそう。ガッツのありそうな人だから続いてくれるのではないかと。


私も最初はカッターに入る回数も減り耐えてましたが、やっぱり嫌がらせがあり違う仕事していても監視されてるかのようで耐えられなく、とうとう辞める覚悟で工場長に気持ちを伝えたところ、それ以後何があってもカッターに入ることはなくなりました。その代わりその人の休みには入ります。

貴方とは一緒に仕事したくないのよ!があからさまとなり、余計に腹立たしく感じるかと思います。毎日ではありませんが実際嫌がらせが違うところで出てます。でもちょっとだけ強くなったよ。しれ~っとポーカーフェイスで乗り切り、私なりの仕返しです。

一部?な人は除いて、後の パートさんは普通に笑ってお喋りもするし、嫌がらせなんてありえないし、友達も助けてくれるからまだ大丈夫。本当に耐えられなくなったらスパッと辞めます。辞めて困るのはその人なんだけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。