上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬から聞いた素敵な話という本を知ってますか?
ずっと前に「犬のえいが」という映画の最後に「ねぇ、まりも」という短編映画がありまして
これが短編ながら号泣しました。
この本も人側、犬側の目線を綴ったお話です。
もう一冊は村上龍さんの55歳からのハローライフ。
これもそれぞれの中年男女の話ですが、読んでみたいと思ったきっかけは
すでにNHKのドラマでも放送になりましたが
この中の1話にペットロスという話があったからです。
私はあえてドラマを見ずに本を選びました。


話はもとに戻りますが、犬から聞いた素敵な話の作者は心理学の勉強の経験があり
人に近い猿や犬に学ぶことが多かったのだそう。
人と共存することの多い犬は、一緒に住むことにより人の行動を観察し情報を得て
視線をたどり、観察していくことで持って生まれた感性で人の感情に同調し
喜怒哀楽を知るんだそうです。
当然だけど、だからといって人のように手を貸してくれるわけではなく
ともに生活し、寄り添ってくれるだけと。
それに飼い主さんが気付き愛犬にどう接するかで愛犬は変わってくるのではないかと
私は思います。
作者さんが取材で心理学として飼い主さんのエピソードを聞いてるうちに
心が揺さぶられる思いだったとか。
そこには人と犬との間に絆が存在すると。

IMG_9414_1.jpg


はなは我が家に来て8年がたちました。
初めての犬だけに躾は厳しくしましたが、いっぱい遊んで散歩もしたね。
何度もブログには書いたけど、私が落ち込んでればそっとそばに来てくれて
わんわんと子供のように泣き出せば、どうしたの?って感じで顔をペロペロと舐めてくれ
ついに発作が起こったときはオロオロとして、夜に発作が起きてパパさんが帰ってきたときは
私を守るかのようにパパさんに吠えまくったね。
3度救急車に運ばれたけど、それから暫くは救急車のサイレンに敏感になって
隣に停まったときは寝てたのに起き上がり私の隣にちょこんと座って
心配そうな顔で私の顔をチラチラ見てたっけ。

IMG_9417_1.jpg


今でも床にゴロンと横たわると、そばにやってくるはな。
それもただゴロンとなるだけのときじゃないです。
何だか調子悪いとき。
土日と寝込んでしまい、今日も仕事だったのですが調子が悪く休んでしまい
今日も寝込んでました。
やっぱりはなはそばにいます。

IMG_9410_1.jpg


相変わらず散歩に連れて行くことも出来ないのに催促もしない。
ご飯の時間だって1時間ほどズレてもそう。
ボール遊びも我がままなそらに譲ってしまうしね。
争いが苦手な優しく人懐っこいはな。
みんなに好かれてるんだよ。知ってた?
病院の院長先生も「はなちゃん♪」って可愛がってくれるし。
でも…痛いことされるから院長先生が苦手なんだよね(笑)
お父さんもはなが大好きなんだよ。
今は会うことがなくなってしまったけど
いつもはなに会うと必ず「なは♪」って声をかけ撫でてくれたしね。うちは子供がいないから、孫を見るかのようにデレデレなんだよ(笑)
言わなくたって知ってるか~

はなに巡り会えて本当に良かった。

IMG_9411_1.jpg


そしてそらはダメ男くんになりそう
ビビリで甘えん坊だも~ん(笑)


で、こちらのお方うみは・・・

IMG_9415_1.jpg


1歳なのに貫禄ありすぎ^^;
スポンサーサイト
2014.04.20 はな8歳



一日遅れの投稿になっちゃった。
昨日ははなの誕生日でした。8歳になりましたよ。
もう去年には私の歳を越してしまったはな。
まだまだ仔犬だと思ってたのに、私よりもしっかりした大人に育ってくれました。
情緒不安定な私を一番心配してくれ、最初ははなもどうしていいのかわかなかったんだろうね。
何度か私の気持ちを察してくれるうちに、そばに寄り添ってくれたり、付かず離れずの距離で見守ってくれたっけ。


親バカ炸裂な言い方だけど、本当に優しくたくましく育ってくれました。
そら、うみと迎えるたびに淋しい思いをしたことと思います。
今ではうみも慣れてきたし、私も自分のペースを保つことができてるから、いつもの生活に戻り安心したかな?
ただ仕事が忙しく、散歩の余裕がないのが残念だな。以前は無理してでも散歩してたから疲れてしまって。

もう少しだけ私のわがままを許してね。

そして、いつまでも優しいはなでいてね。




お誕生日おめでとう、はな。

一緒にお祝いしてくれた、お友達にも感謝してます。ありがとう。
2014.03.26 困ったちゃん
IMG_7398_1.jpg


この間フードを変えたせいか、そらのお腹を中心にアレルギー反応らしき
赤いボツボツができて、慌てて病院へ行きました。
先生も何か心当たりは?と聞かれ、たぶんフードかな・・・と。
一応朝は違うものに変更し、仕事から帰って様子を見たら
多少赤味は減ってたので。
その日は注射とお薬をもらい、ついでにお尻絞りと爪切りをお願いしました。
はなもそうだけど、診察台に上ると怖がり固まるのよね。
最後に爪切りで、私が抱っこして先生がパチンパチンと切り始め
何本か切ってるうちに恐怖がピークに達し、キャイ~~~~~~ン!!
先生苦笑い、私大爆笑。
「来るな来るな~と思ったんだ。叫んだときの目、瞳孔が開いて
もの凄い顔してたよ(笑)」と先生。
それを聞いてさらに爆笑。
処置が終わり待合室へ出たとき、近所の人とばったり!
さっきまでへなちょこだったそらは、何事もなかったかのように
まっしぐら~(笑)
このときの様子を話すと大爆笑。
その後すぐ近所の人が同じ先生から呼ばれると
そらの話をしたようで
「あの子はおかあさんがいないとダメみたいだね~」って
笑って話してたんだとか^^;
情けない息子ですわ・・・


で、1週間後に今度は狂犬病予防接種とフィラリアの血液検査を
受けに2ワンそろって病院へ。
まずははなから。
まだお尻を絞ってもらってなかったので、お尻絞り注射と続き
血液検査の番のとき。
看護師さんがはなを抱きかかえるとピキーン!とした顔になり
あ・・・これは~と思った瞬間
先生が前足を触ってチューブを巻こうとしたとたん
キャイ~~~~~~~ン!!


?????


先生も看護師さんも私も
まだ何もしてないじゃん!(爆)
ところがそのキャイ~~~~~ン後針を刺しても
抜いても固まったままで叫ぶことはなく・・・
この間のそらと一緒で緊張?
次のそらは相変わらず固まるものの、すんなりといきました。


狂犬病予防接種も消費税のせい?100円値上がりでした。
来月消費税が上がるからフィラリア予防の薬もついでに
もらってきました。
今月はうみの去勢の費用と痛い出費(泣)
まあ消費税のことを考えるといいほうか~






狂犬病予防の前日だったかな?
そらがお腹が空き過ぎて胃液を吐き、時間もなかったため
濡れていたお尻付近を軽く洗って乾かしたけど
まだ臭いかった。
注射を打ってしまったため、数日洗うこともできないので
放置したままですが、パパさんが臭い!臭すぎる!と空気清浄機を
かけまくり。
確かに臭いです^^;



今日パパさんからのメール。
今度の日曜、私は仕事です。

「日曜日は、そらを洗濯に出してくればいい?」


これを昼休みに読んで休憩室にいるパートさんたちに話すと大爆笑。
せめてシャンプーでしょ~  洗濯って(笑)
パパさ~ん!

手を使わないようにしなきゃいけないのにPC打ってる私^^;



前回の記事からの間にいろんな悪いことがありまして。
そらの社会化不足解消のためと、どこにも連れて行っていないのもあり
ドッグランに行ったときのこと。
小型犬ブースと中大型犬ブースとあり、最初は小型犬ブースにいましたが
誰もいなく、中大型犬ブースにはトイプーや柴など中型犬が数匹
端っこにはチワワもいました。
せっかく来たのに社会勉強にならないわ~と、中型犬ブースに移動しました。
はなは慣れているので飼い主さんたちに愛想ふりまくり
そらはビビリん坊で私のそばから離れませんでした。

気付くと若そうな柴とうちだけになっていて
うちもそろそろ帰ろうかということになり、汚れたボールを洗っていたときです。
はなの悲痛な泣き声が!
はっと振り返ると、柴がはなに攻撃していて体格差もあるため
はなはやられっぱなしでした。
そばには主人がいました、どこを触ったら離れるかあたふたするばかりだし
柴の飼い主さんはお母さんと子供2人ですが
どうしていいのかわからず、主人にまかせっきり。

なんとか離すことができたのですが、はながキャンキャンと鳴き震えて
攻撃してるほうの飼い主が離さないなんて!と腹が立ちました。
これがうちならボッコボコです。


その柴がやってきたとき様子を見てたのですが、ランデビューのようで
飼い主さんの言うこと聞かない柴でした。
どうしてそうなったのか主人に聞くと、はなが柴のボールが欲しくて横取りしたのが
きっかけだったんだそう。
あぁ・・・やっぱり若い柴。
普通なら威嚇するはずが攻撃したんだな。
はなも威嚇されれば取らない。家でもボールで遊んでると圧倒的にそらが有利だから。


内腿に犬歯らしきの傷が。
私は病院へ連れて行こうと言いましたが、主人は軽く考えていて
オロナインでも塗っておけば大丈夫って。
でもなぁ、見た感じ深そうだったし菌の心配もあるし不安でした。
帰宅してはなの傷を見たら、腫れて出血も止まってる様子はありませんでした。
さすがの主人も焦り病院へ。

すると傷はもう一箇所ありました。
噛むわけだから上下の歯の傷があって当たり前。
見つかったほうはさほど酷くなく、内腿のほうは筋肉まで傷ついてました。
そのわりに歩行は普通にしてましたが、伸びや跳ねることは出来なかったです。

2週間ほどで完治しましたが、ショックだった。

主人に諭され、怪我はしたけど中大型犬だとわかって入っていったし
ボールもうちのじゃない。
おわかりでしょうが、自分を責め
その日は眠剤を飲んでも眠れませんでした。


近所の人に「柴を怖がるようになるんじゃない?」っていわれましたが・・・
な~んてことない、翌日病院へ行ったとき柴が目の前通っても飼い主さんに
私を見て~♪と、まーったく柴のこと気にしませんでした(笑)
なんてポジティブなの!?羨ましい。





じ~んときました記事での出来事が再びありました。
調子が悪い日だった日かな?コタツで昼寝してたときのことです。
嫌な夢を見ていて眠ってるのに泣き出し軽い発作が起こったとき
やはり寝室の主人の布団にもぐっていたはながそばに来て
優しくペロペロと舐め、舐められて初めて気付きました。
発作が起こったとき夢の中の出来事なのか現実なのかがわかりませんでした。
はなに舐められたときに、はっと気付いてグッタリはしてましたが
すぐに落ち着くことができました。
よく泣いてるときもそばにきてくれるね。
やっぱりはなは優しい^^




はい、そらは気にしてな~い(笑)










猛暑も去り、朝晩は肌寒くなりましたね。
まだまだ気分にムラがあり、最近は頭痛に悩まされてます。思考能力もなく、ボーっとすることもしばしば…
人との会話も疲れる始末で、相手に不快感をあたえてるかもな~
そんな中、今月中旬頃に小学校の同窓会がありました。変わってないねー!と、誰?との2パターン(笑)
恩師は還暦を迎えましたが、若々しく全く変わってませんでした。そして真っ先に私たちのテーブルに来てくださり、昔話をたくさんして写真も撮り、楽しいひと時を過ごすことができました。
残念ながら私のクラスの出席率が低く、その当時仲の良かった友達も出席してなかったのが寂しかったな。
最後には校歌で終わりでしたが、えっ⁈校歌⁇覚えてないよー!
でも伴奏が始まると覚えてました(笑)
後で聞いた話、なんと幹事組は4次会まであったんだとか(^^;;お疲れ様。

同窓会もじ~んときましたが、それ以上に?じ~んときたことがありました。
うちの団地はマンモス団地と言ってもいいほどの場所。
よく救急車や消防車、パトカーも通ったり騒ぎもあります。
去年私が2回救急車で運ばれてから、はなが数週間サイレンに敏感になってまして、やがてはいつものように気にしなくなりました。

それが同窓会前後あたりだったかな?隣に救急車が止まったようで、うちもそうだったけど消防車も来て、外ではザワザワしてました。私は窓から眺め、あら、隣?何かあったんだな~と、再び座椅子に座ってTVを見始めたら、寝室で寝ていたはなが、そっと私の横に座り、切なそうな顔で私をチラッと見るじゃないですか。

去年を思い出したのでしょう。
今まで何度もサイレンを鳴らした車が近くに止まったことはありましたが、隣は初めてです。
最初はどうしたんだろう?と思ったけど、切なそうな顔を見た途端、あぁ去年のことか…
初めて運ばれてから一週間もしないうちにまた運ばれたもんね。
私が倒れたときのはなの動揺は今でも昨日のことのように覚えてます。
私に何かあるんじゃないかって心配になったのかな?

大丈夫だよ。どこにも行かないからね~

はなの優しさをあらためて感じた日でした。




そらは…
ご想像通り、まーったく気にしてませんでした(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。