上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.04 心の余裕
ただいまうちの主人はドイツ。
本当は他の人だったのですが、仕事の都合上無理になり
主人が行くこととなったわけです。
今まで海外出張は多かったけれど、主にアジア方面ばかりだったので
しかもドイツとなると仕事とはいえ、ちゃんと土日も休みになるらしく
本人はウキウキです。
そのウキウキが心の余裕ともなったのでしょうか
やたら私に気遣い、普段なら無視や怒るようなことが
一切ありません。

あ、それオレやるからいいよ。

あら、そう?お願い。

他にも優しい言葉をかけてくれるし。
う~ん・・・・こうも変化するとは^^;
ドイツに行ってもウキウキしっぱなしで
ドイツは水よりビールのほうが安いらしく
毎日飲んだくれてます。
食事も美味しいんだってさ。
デブって帰って来るかもね~
彼がドイツ行きで、いい気分転換になればそれでよしだわ。



さて私はというと、現在の問題は睡眠障害と頭痛と眩暈かな。
主人がいないことでちょっとは楽になったはずなんだけどな~
気分にもムラがあるし。
一番の問題が、朝起きれないこと。かなりヤバイ。
これは主人がいるときからそうだったけど、ギリギリまで布団からでられない。
そこで無理して起きると眩暈がしてふらつく原因に。
予定では今度の日曜日に主人が帰って来る。
お弁当作りで早起きが始まる。あ~どうしたもんかな・・・
どうも先のことばかりを考えてしまい、不安でいっぱいになってしまう。
私の悪い癖。  ん?どこかで聞いた台詞。相棒?

主人のドイツ行きの日、私が目覚めたときに、まだ彼は寝てました。
時計を見るととっくに出かけなければならない時間。
ビックリして声をかけ、慌てて出て行きましたが・・・
「起こしてくれて助かった~ ありがとう。」って。
この言葉にこれまたビックリです(笑)
そのことをこの間父に何気に話したとき
「ちゃんと○○も同じ時間に目覚ましかけて起きなきゃいけない!」
と、叱られました。

「あぁ、そうだね。まさか大事な日に起きれないなんて思わなかった
からさ~  こっちもついギリギリまで寝ちゃったもんだから」

本当は叱られてショックだったけど、父は病気のことは知らないから
言われて当然なんだよね。
今は以前と違って、冷静に物事を見られる・考えられることができる
ようになったため、父の言葉も受け入れられる。
以前の私なら、言われた直後に泣いちゃってたかも。



一人の時間が出来て自分のペースで生活が出来る。
仕事も当面半日、問題のパートさんも一人辞め
職場の雰囲気も少し変わった。
また新たな問題が出てくるだろうけど、かかわらないこと。
以前ほどの酷さにはならないはずだし。
残った問題のパートさんも今は大人しくしてる。
誰もつるむ相手がいないから。
ご近所さんだから申し訳ないとは思うけど、私も彼女の行動には
疑問を感じてたし、同期の友達に酷い扱いをしてたから
どうしても許せない。何度彼女の涙を見たことか。
それが辞めさせられるパートさんのことが解ったとたん
やたら友達に話しかけて気を引こうとしてた。
私も思ったけど他のパートさんも、やっぱりね~って^^;
友達は私と一緒の考えなので、無視はしなく話はする。
けれど、自らは話しかけない、表面上だけ合わせる。

先月、このパートさんが私のことで友達に質問してきた。
当然彼女と私は仲が良いことは周りも知ってるから
私の耳にはいることも承知のはず。
欝のことではなかったけど、今更?以前から気にして言いたかったこと
じゃないの?って、彼女と「不思議だぁ~」って。
それから更に、そのパートさんに対して距離ができた。
この間の土曜日、たまたま半日で終わりそうだったので
古巣の場所だったけど、必要以上のことは話さなかった。
でも補助にも回ったし、きっちり仕事はこなしましたよ。
仕事は仕事だもん。


私って、大人~~~~♪(爆)
年齢は大人なんだけど、はて?これで本当に大人と言えるのかな?






















スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。