上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.31 泣けてくる
今週のNHKのあさイチで、子供の鬱をやってた。
思春期はとくに鬱だと気づくのが難しいものだということがわかる。
再現VTRを見てると、だんだん鬱になっていく姿が自分と重なり、またその後の専門家のコメントに涙ぐんでしまった。
そう、自分でも気づかないうちに鬱になってしまい、そうなったときに誰にも相談ができない、そして豹変していくのにただ落ち込んでるだけとか、怠けてると思う家族。
励まされると、辛いと言うことができなくなり、自分を抑え頑張ってしまう。


今では鬱であることを知る人はいるけど、はたしてどれだけ症状を理解してるかは不明。
職場でも全員に知ってもらいたいとこ。
だけど、理解してくれそうな人はいないと感じ、上司と友達にしか打ち明けていない。
仕事が忙しく、一人での仕事ではさほど負担に感じないけど、カッターのときには3時にあがるときに気が引け、申し訳ない気持ちで挨拶して帰るとシカトする人がいて、知らないとはいえとても辛い。
すいません、ごめんね…と必ず言うのだけど。
他の人はちゃんとお疲れ様と言ってくれるのにな。
シカトされるのわかってても、礼儀としてちゃんと挨拶して帰るよ。落ち込むけど(^_^;)
明日と明後日はカッターかなぁ。
気が重い…

パパさん、何故か海外のときは気遣ってくれて優しい。
こっちでも同じように気遣ってほしいわ(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。