上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欝の話をした友人や近所の人の中で、自分も経験があったり
身内や友達の中にいたということを多く聞きました。
そうゆう経験者は欝の症状を理解してくれます。
しかし、理解できない人もいます。
実は一番力になってほしい主人と義母でした。

主人も欝気味だったのですが欝にもいろいろとあり、私とは違うもので
同じ症状もありましたが、違う症状もあります。
だから、わかっているようでわかっていないのが現状です。
義母は自分もかつては神経を病んで、欝にはならなかったけれど
胃潰瘍になった経験があります。

これは考え方の違いでしょうか・・・

主人も義母も、自分はこうしたから治った・ならなかったと言います。
どん底にいる状況下で、ひとつのことをこなすのも困難なときに
言われるような行動はとれません。
言ってることはわかるの。でも出来ないんです。
それをいくら説明してもわかってくれませんでした。

義母に不眠の話をしたときには
「あれだけ疲れて帰ってくるなら、寝れないことないでしょ」
と言われたことがあります。
不眠の経験は今までにも何度とありましたが、いつもどれだけ疲れてても
寝れないものは寝れないんです。
しかも今回は睡眠導入剤を飲んでも不眠は治りません。
アドバイスをしてくれるのはありがたいことです。
実行もしました。特に主人と険悪なときです。
「あの子は口下手だから、些細なことでも話しかけなさい
 そうすれば言葉が返ってくるし、いつかは会話が成り立つから」
でも、話しかければ話しかけるほど、私の心は傷つく一方でした。
何も変化がないからです。それどころか、うっとおしいという顔をされたりもしました。
義母から私を見ると、そんなに酷くないと思って見えたのでしょう。
その頃は、どんなに辛くてもなるべく普通にしていようと心がけていた頃。


限界が来たときには、もう自分をコントロールできません。
頭と心がバラバラになってしまいます。
洗濯しなくちゃ・・・
お弁当作らなきゃ・・・
仕事に行かなくちゃ・・・
掃除しなくちゃ・・・
頭で思っても体が動かないんです。
自分で自分がわからなくなるときもあります。
不安で心が押しつぶされそうにもなります。


友達の友達で、欝のことを文面に綴ったものを拝見しました。
読んでいて涙が止まらなくなりました。
痛いほど辛さが伝わってくるのです。
その方は自殺まで思ったそうです。
さいわいというか、私は自殺までは思いませんでした。
でも、消えてなくなってしまいたいと思うことは多々ありました。


気分転換になるからどこかに出かける。


これも実は苦痛でした。
外に出たくないと思ってるのに誘われる。
気心知れた友達とのランチとかならまだしも・・・
帰宅するとグッタリ。
以前ほどではないけど、今でも外出は苦痛です。
病院でも軽い発作が起きたことがあります。




よかれと思ったことが、その人にとっては逆効果であることもあります。
その人をよく見てください。
無理をしていることがあることも。

会社では同期のこしか知らないときでした。
パートさんの中で、人伝えで聞いたことですが
「最近○○さん、顔つきかわったね」と言っていたそうです。
近所の人にも言われました。
自分でも感じていました。
無表情な私。


先ほどの文面に綴られた内容にもありましたが
欝の人はどんどん孤立していってしまいます。
異変を感じたら、そっと声をかけてください。
必要以上話しかけなくてもいいんです。
少しずつ話しかけると、自分を気にかけてくれる人がいる
安心感から、自ら辛いことなどを吐き出していきます。
聞いてくれるだけでもいいんです。
それだけでも本人の心の荷が下ります。








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。